年賀状を書き損じた場合の交換方法と期限は?

多くの方は、まとまった数の年賀状を用意すると思いますが、書き損じや余りが出たときはどうしていますか?そのまま放置し、無駄にしてしまうのはもったいないことです。
書き損じた年賀状は、切手や通常はがきに交換できますが、交換にも細かいルールがあります。ここでは、交換可能な年賀状や交換可能な期限のほか、喪中になってしまったときの交換方法など、年賀状の交換にまつわる情報をまとめました。

書き損じた年賀状は、切手や通常はがきに交換できる

書き損じてしまった年賀状は、郵便局の窓口に持って行くことで、新しい年賀状や切手、通常はがきと交換ができます。ただし、郵便局の窓口取扱時間外でも開いている「ゆうゆう窓口」では、基本的に交換は受けつけていません。また、切手などを取り扱っているコンビニでも交換はできません。郵便局の窓口が開いている時間に行く必要がありますので、ご注意ください。
交換には1枚5円の手数料がかかります。現金で支払う方法のほか、年賀状の額面から手数料分を引くことも可能です。
なお、年賀状は通常の切手やはがきとはやや性質が異なるため、交換にも細かいルールがあります。「書き損じた今年の年賀状」「間違えて買ってしまった今年の年賀状」「裏面が印刷された年賀状」「余りや書き損じの過去の年賀状」それぞれについて、どのように交換できるのかご紹介しましょう。

書き損じた今年の年賀状

書き損じた年賀状は、新しい年賀状や普通切手、通常はがきなどと交換できます。ただし、新しい年賀状と交換ができるのは、年賀状の発売期間中だけです。
年賀状は松の内に届くように出すものですから、年賀状を作っている期間であれば、問題なく新しい年賀状と交換できるでしょう。

間違えて買ってしまった今年の年賀状

郵便局で販売される年賀状には、さまざまな種類があります。例えば、同じ無地でもインクジェットプリンター用とそれ以外の物があります。「通常の無地の年賀状を買ってしまったけれど、パソコンで印刷するのでインクジェットプリンター用を買うべきだった」という場合は、手数料無料で交換してもらえます。

ただし、その際には未使用であることが条件です。汚してしまった場合、すでに書き始めてしまった場合などは、無料交換の対象外です。この場合は未使用扱いではなく、「書き損じはがき」としての交換になります。

裏面が印刷された年賀状

年賀状は、写真やイラストの印刷をカメラ店などに依頼することもあります。そのような年賀状に一言コメントを入れていて書き損じてしまった場合や、宛名を書き損じた場合なども、通常の年賀状の書き損じと同じように郵便局で交換できます。
ただし、交換して受け取れるのは、無地の年賀状です。そうなると、使うつもりだった印刷の年賀状が足らなくなってしまう可能性があります。年賀状のデザインにバラツキが起きないよう、印刷所に年賀状の印刷依頼をする際には、少し余裕を持った数をオーダーしておきましょう。年賀状が余ってしまったとしても、後から通常はがきや普通切手への交換ができるので安心です。

余りや書き損じの過去の年賀状

今年より前の年賀状は、新年の年賀状とは交換できませんが、郵便局でほかの商品と交換できます。交換できるのは、通常はがきや普通切手、レターパックといった、通常売られている商品のみです。また、記念切手への交換はできません。
なお、使わなくなった切手も、新しい切手やはがきに交換できますが、この場合も年賀状への交換はできません。

書き損じた年賀状の交換期限は?

書き損じてしまった年賀状は、郵便局へ持って行くことで通常はがきなどと交換ができます。特に、交換期限は設けられていません。
ただし、前述のとおり、今年の年賀状への交換は、年賀状の販売期間中にしかできません。新年の年賀状への交換を希望するのであれば、早めに郵便局へ持って行きましょう。

なお、古い年賀状の場合、郵便料金の額が現在の通常はがきと異なることがあります。このような場合は、郵便料金の額面によって交換できるはがきの枚数や切手の額が変わります。

例)50円の古い年賀状10枚を通常はがきと交換する場合
現在の通常はがきは1枚63円ですから、1枚あたり13円の差額が出てしまいます。そのため、通常はがき10枚と交換はできません。50円×10枚=500円で、1枚あたり5円の手数料を引くと450円ですので、63円の通常はがき7枚(441円)と9円分の切手に交換ができます。

書き損じた年賀状の交換期限は?

年賀状を買っていたのに喪中になってしまったら?

年賀状の準備は、年末頃に始めるものです。しかし、年賀状作成をしている期間、もしくは年賀状を投函する前に、近親者の不幸があって年賀状を出せなくなってしまうこともあります。
このような場合、年賀状の販売期間中であれば、無料で年賀状を通常はがきや普通切手などに交換できます。作成が完成してある年賀状でも、消印が押されていなければ問題ありません。なお、喪中になってしまった場合は、喪中はがきに使える弔事用切手への交換も可能です。

とはいえ、年賀状をすでに購入した後で喪中はがきを出した場合、投函する日が遅くなり、すでに先方がこちらに年賀状を出した後という可能性もあります。また、12月に不幸があった場合、葬儀や相続等の手続きで忙しく、喪中はがきの手配まで手が回らないこともあるでしょう。喪中はがきを出す暇がない場合は無理をせず、後日、寒中見舞いを出すようにしてください。

不幸があった場合の交換方法

郵便局の窓口で、不幸があったことを伝えます。その際、備えつけの請求書をもらえますので、「住所・氏名・亡くなった方との続柄」を記入して手続きを行ってください。亡くなったことの証明書類等は不要です。

▼併せてご覧ください
喪中の年賀状の正しい対応とは?送る・受け取ったときのマナーを解説

交換予定の年賀状のお年玉くじが当選していたら?

年賀状には、お年玉くじの抽選番号がついています。自分が受け取った年賀状だけでなく、手元にある書き損じの年賀状や余った年賀状も抽選の対象です。そのため、特に急いで交換する必要がないのであれば、お年玉くじの抽選結果が出るまで手元に置いておくのがおすすめです。

お年玉くじの抽選日

2022年の年賀状のお年玉くじは、2022年1月16日(日)に抽選結果が発表されます。1等の割合は100万本に1本と狭き門ですが、3等のお年玉切手シートは100本に3本の割合ですから、書き損じはがきの中から当選が出る可能性も十分あるはずです。
抽選結果は、日本郵便株式会社のウェブサイトや新聞、郵便局などで確認できます。

お年玉くじに当選していた場合

お年玉くじに当選していたら、郵便局の窓口に年賀状を持って行きましょう。番号部分だけを切り取ると無効になってしまいますから、書き損じている場合でも年賀状をそのままの状態で持って行ってください。なお、上位賞に当選した場合は、身分証の提示などが必要になることがあります。

当選した商品を受け取った後の書き損じの年賀状には、受取済みの印が押されます。その後は、通常はがきや普通切手に交換することも可能です。

年賀状は汚れていても交換可能?

年賀状に限らず、はがきや切手を交換する際には、状態をあらかじめ確認しておくといいでしょう。郵便料金を示す部分に汚れがある物や切手が破れてしまっている物については、交換できない可能性があるからです。
交換が可能かどうかは、郵便局の窓口で確認してください。「少し墨が年賀状についてしまったけれど、交換できないかな?」と思ったら、窓口で質問してみるのがおすすめです。

なお、年賀状を交換する際に必要な交換料金は、切手で支払うことも可能です。自宅に余っている切手があるときは、いっしょに持って行くと支払時に役立ちます。切手は手数料の支払いにも使えますし、現金と合算して通常はがきなどに交換してもらうこともできます。

書き損じた年賀状は郵便局へ持って行こう

書き損じや余った年賀状は、そのまま放置はせずに郵便局へ持って行きましょう。新しい年賀状や切手、はがきに交換してもらうことで、無駄にならずに済みます。古い年賀状や切手も交換できますから、郵便料金が変わる前の使わなくなった切手などを持っている方は、年賀状と併せて持って行くのがおすすめです。

なお、「カメラのキタムラ 年賀状アプリ」なら、すでに投函した年賀状と同じデザインの物を、最短1時間で仕上げることが可能です。「元日」など、追加注文では使用すべきではない文言を入れてしまっている場合も、アプリ上から修正できるため、手間なくマナーに則った年賀状を作れます。
インターネット印刷サービスとしては、カメラのキタムラの「年賀状印刷・年賀はがき2022寅年」があります。以前に注文された年賀状の画像データは一定期間保存しておりますので、書き損じで年賀状が足りなくなってしまったときや、追加注文をする際にも便利です。

▼関連コンテンツ
年賀状印刷・年賀はがき2022寅年 | カメラのキタムラ
年賀状の宛名印刷 |年賀状ならカメラのキタムラ

この記事の監修をした人

カメラのキタムラ 年賀状コラム

カメラのキタムラ
年賀チーム

カメラのキタムラの年賀チームです。 みんなカメラ&写真好きなので今年も年賀状の写真選びに苦労しそうな予感…っ!お客さまに少しでも年賀状の良さを知ってもらうために企画やコラムをお届けします。