年賀状に添える、気のきいた一言とは?送り先別の例文も紹介

年賀状を作成する際には、デザインテンプレートの使用や、印刷を活用する機会が増えていますが、そんなときでも一言、手書きのコメントを添えるのが礼儀です。受け取った側も、一言コメント(添え書き)が添えてあったほうがうれしく感じるでしょう。
とはいえ、たくさんの年賀状を準備する中で、メッセージの内容に悩むこともあるかと思います。そこで、年賀状に添える上でおすすめしたい、気のきいた一言コメントの書き方や守るべきマナー、例文などをご紹介します。

年賀状に一言コメントを書く理由

年賀状は、相手への感謝や、変わらぬ付き合いを願って出すものです。ところが、テンプレートのデザインを印刷しただけの年賀状では、そのような気持ちを相手へ伝えることは難しいでしょう。「慣例だから、仕方なく出したのでは?」と、かえって嫌な気持ちにさせてしまう可能性もあります。
年賀状の一言コメントは、相手に気持ちを伝えるために書くものです。ほんの一文であっても、受け取った方の印象は大きく変わりますので、送り先の方のことを思いながらメッセージを添えてください。

一言コメントは、賀詞や挨拶文とは重複しない内容を書く

一言コメントは「書いてあれば何でもいい」というわけではありません。印刷された文言と同じことを手書きで繰り返しているだけでは、手抜きのように感じられてしまいます。
よくある失敗例としては、下記のようなものがあります。

・「謹賀新年」と印刷された年賀状に、手書きで「あけましておめでとう、また会いたいね」と書く
・「本年もどうぞよろしくお願いいたします」と印刷された年賀状に、手書きで「今年もよろしく!」と書く

「謹賀新年」と「あけましておめでとう」という言葉は、どちらも同じ意味です。メッセージが短くなってしまいますが、「また会いたいね」だけ書くか、別の言葉を追加しましょう。
印刷された文面をあまり確認せずに一言コメントを書くと、せっかく手書きで書いた意義が薄れてしまうこともありますので、内容が重複しないように気をつけてください。

送り先別・おすすめの一言コメント例文

一言コメントは、年賀状の送り先の立場の違いによって適切な文面が変わります。送り先ごとにおすすめの表現の例文を紹介しますので、ご活用ください。

<上司や先輩向け例文>
・昨年は◯◯の件で大変お世話になりました
・本年も変わらぬご指導ご鞭撻の程 よろしくお願い申し上げます

<友人向け例文>
・以前◯◯さんといっしょに行った××に旅行に行き 当時の思い出がよみがえりました
・最近習い事を始めました 上達できるよう特訓中です
・昨年は多忙で会えず残念でした 今年は機会を見つけてぜひお出掛けしましょう

<部下や後輩向け例文>
・根気強く仕事に取り組む姿勢に感心しています
・◯◯さんの今年一年のさらなる活躍を期待しています

<親族向け例文>
・おかげさまで家族そろって元気に新年を迎えております
・◯◯(子供)も小学校に入学し、毎日元気に通学しております

オリジナリティのある一言コメントにするには?

一言コメントは、新年に相応しくない内容でない限り、特に決まりはありません。しかし、オリジナリティのある気のきいたコメントを書くことができれば、送り先の方も楽しい気持ちになってもらえるでしょう。
ここでは、一言コメントで使いやすい話題をご紹介しますので、内容を考える際の参考にしてください。

趣味や近況について書く

趣味や近況の話題は、送り先の相手を問わずに書けるおすすめの一言コメントです。ただし、受け取る方や内容によっては、自慢のようにとられてしまうこともありますので、配慮を忘れないようにしてください。
なるべく、相手にとっても興味のある内容を書くのがおすすめです。

<送り先によって使い分けたい話題の例>
・親戚やママ友などへ…家族や子供に関するエピソード
・同じ習い事をしている方へ…習い事に関する目標や、最近の練習環境についてなど
・共通の趣味で知り合った方へ…最新の趣味の話題や、いっしょに趣味を楽しみたいといった内容
・ペットをかわいがってくれている方へ…ペットのエピソードや、また会いに来てくださいといったお誘い
・しばらく会っていない方へ…最近凝っていることや、楽しんでいることなどの明るい話題

年賀状はおめでたいものですから、近況といっても、ネガティブな内容は避けるようにしましょう。楽しかったことや、クスッと笑えること、お誘いなどを書くようにしてください。

<例文>
・いつもうちの◯◯と遊んでくれてありがとうございます 今年も親子共々仲良くしてくださいね
・先日素敵なお店を見つけました ぜひいっしょに食事に行きましょう

個人的な目標について書く

個人的な目標の話題は、上司や恩師など、目上の方へもおすすめです。具体的な目標でなくても、「飛躍の年とするべく精進してまいります」といったように、意気込みを伝えるメッセージを書くこともできます。

ただし、資格の取得やコンテストの入賞などを目指す場合、それらの固有名詞を書いても相手に伝わらないことがあるので気をつけてください。
「パソコンの資格取得を目指します」「写真コンテストの入賞を目指します」など、相手に伝わる書き方を心掛けましょう。

<例文>
・本年も一層のサービス向上を目指し 誠心誠意努めてまいります
・最近写真の技術を磨いています 写真コンテストに入賞できるよう特訓中です

時勢に合わせた内容を書く

年賀状は、毎年送るものですから、時勢に合わせた内容もおすすめです。
2022年の年賀状であれば、コロナ禍に関する話題などが該当するでしょう。ただし、こちらもネガティブな言い回しではなく、未来への希望を感じられる内容を心掛けてください。

<例文>
・昨年はリモート飲み会で久しぶりにお顔が拝見できてうれしかったです 本年は直接お会いできますように
・ステイホーム中にアクセサリーづくりを始めました 今度お披露目させてくださいね

結婚や出産をお知らせする場合のポイント

年末近くに結婚や出産をした場合、年賀状で報告をすることもあるでしょう。年賀状でこれらの報告をする際には、送り先の方の立場や状況に合わせて対応を変えてください。

結婚報告を兼ねる場合

結婚報告を兼ねる場合や、結婚したばかりのときは、名前に旧姓を入れておくと親切です。「誰からだろう?」と迷わせてしまわないように気をつけましょう。
なお、結婚式に参加してもらった方やすでに結婚報告が済んでいる方への年賀状と、結婚したことを知らない方への年賀状とは、内容を分けるのがおすすめです。年賀状を印刷する際は、それぞれ別の文面を用意しておくと効率的です。

出産報告を兼ねる場合

出産報告を兼ねて年賀状を送る場合であっても、目上の方や取引先の方へは、出産を伝える写真印刷の年賀状を送るのは避けたほうが良いでしょう。出産報告用の年賀状とは別のデザインを用意してください。
また、親しい方へ送るのであれば、子供だけでなく、家族と子供がいっしょに写った写真を選ぶのがおすすめです。一言コメントだけでなく、写真でも近況を伝えられます。

一言コメントを手書きにする際のマナーとルール

せっかく手書きで一言コメントを書いても、正しい筆記具の選び方や、文章作成時のルールを理解していないと失礼にあたることがあります。一言コメントを書き始める前にチェックしておきたい、マナーとルールを見ていきましょう。

一言コメントは手書きがいい?

自宅のパソコンで年賀状をプリントする場合は、送り先の方に合わせた一言コメントをあらかじめデザインに組み込んで印刷することもできます。とはいえ、一言コメントはなるべく手書きで添えるのがおすすめです。
手書きの文字には温もりがありますし、相手を思う気持ちも伝わりやすいものです。中には「印刷部分はきちんと文言を読まない」という方もいます。手書きでないと、読み飛ばされてしまうこともありえます。相手に喜んでもらうためにも、ひと手間を惜しまないようにしましょう。

一言コメントを書くときの筆記具

一言コメントは、黒や青の筆ペンや毛筆で書きます。カラフルな色ペンや、消せるボールペンなどは避けましょう。修正テープなどを使うのは失礼ですから、書き損じがないように注意して書いてください。

一言コメントで守るべき文章の基本ルール

年賀状では、句読点を使いません。長いコメントを書くと読みづらくなってしまいますから、短めの文章を心掛け、改行などを交えて書くのがおすすめです。長くなってしまうときは、文の区切れる箇所にスペースを入れると読みやすくなります。

また、「去」「別」「離」「死」「負」「倒」「崩」といった文字は、縁起が良くないことから、年賀状には使いません。とはいえ、おめでたい話題をメインに書くのであれば、あまり使わない漢字が多いので、深く気にする必要はないでしょう。
「去年」は、「旧年」や「昨年」と言い換えるようにしてください。

一言コメントを添えるためにも、年賀状の準備はお早めに

年賀状を受け取る方のことを思って一言コメントを手書きするのは、楽しい時間でもあります。とはいえ、まとまった枚数の年賀状すべてにコメントを添えるには、ある程度の時間の確保が必要です。年賀状の用意がギリギリになると、丁寧なコメントを考える余裕がなくなってしまう可能性もあるでしょう。慌てずに済むよう、年賀状は早めに用意しておくのがおすすめです。

カメラのキタムラでは、「写真入り年賀状」や「イラスト年賀状」など、豊富なデザインサンプルから最適な年賀状を選ぶことができ、宛名の印刷もオーダーできます。デザインと宛先を印刷しておけば、一言コメントを書くための時間にゆとりができます。年賀状作成を手軽に、かつ美しく仕上げるカメラのキタムラの年賀状サービスを、ぜひご活用ください。

▼関連コンテンツ
年賀状印刷・年賀はがき2022寅年 | カメラのキタムラ
年賀状の宛名印刷 |年賀状ならカメラのキタムラ
年賀状のマナーとは?宛名や賀詞の書き方を例文付きで解説

この記事の監修をした人

カメラのキタムラ 年賀状コラム

カメラのキタムラ
年賀チーム

カメラのキタムラの年賀チームです。 みんなカメラ&写真好きなので今年も年賀状の写真選びに苦労しそうな予感…っ!お客さまに少しでも年賀状の良さを知ってもらうために企画やコラムをお届けします。