カメラのキタムラスタジオマリオ年賀状

カメラのキタムラの年賀状お役立ち情報ページです。

メニュー
  • 会社概要
  • お問い合わせ
  • ネット会員登録・変更
  • メルマガ登録

手書きから印刷へ 年賀状印刷の基礎

年賀状、手書きと印刷の違い

郵便ポスト

年賀状は一年の最初に届く心だと言われています。

自分の気持ちを送るなら、自分の近況を伝えるとともに相手の印象に残ってもらいたいものです。

印刷の年賀状は、家族や自分の思い出の写真を載せることができ、届いた相手にも近況を知らせやすく、また手間もかからないし仕上がりもキレイなのが人気の秘密です。

ただ、いかにも大量生産という印刷のみの年賀状だと、味気ないと感じる人が多いのも事実です。
あえて宛名を手書きにしたり、手書きのメッセージを添えたり、自分なりの工夫を凝らして相手への心遣いを伝えるのが年賀状の醍醐味でもあります。

印刷で年賀状を楽々作成

印刷で年賀状を作成するとしても、方法はさまざまです。
自分の手書きの年賀状を印刷したり、テンプレート入りのディスクを本屋やコンビニで購入し、パソコン上で写真を当てはめてデザインしたり、印刷屋さんのカタログから気に入ったフレームを選んで写真と一緒に申し込むという方法もあります。

自分で印刷するのもいいですが、自分で作った年賀状を印刷に出してみるのもいいですね。
自宅で年賀状を大量印刷するとインク代も手間もばかになりません。安いインクで済ませると、せっかくの年賀状がキレイにプリントできなかたり、保存しておいた年賀状が劣化してしまったりしてしまいます。

お店に頼んだほうが、仕上がりもキレイで結果的に手間もコストも抑えられることもあります。

手書き・手作り感のある年賀状の作成

自分のこだわりの年賀状を仕上げたいのであれば、手書きの文字やイラストを入れてオリジナリティをアップさせましょう。

毛筆やカリグラフィーでの挨拶文字を入れる場合は、白い紙に書いた文字をスキャナーで取り込んで加工しましょう。白い紙に文字やイラストを書き加工ソフトで背景の白を透過させるだけで、手書きのものがそのまま年賀状で使える素材になります。
手書きのメッセージや宛名だけではなく、ひと味ちがった年賀状をたくさんの人に送りたい人には最適な方法ですね。

最近ではインターネット上に無料素材集がたくさんあり、自分の好みに合った年賀状が簡単に作れるようになっています。初心者でも簡単にできるものもあるので、チャレンジしてみるのもいいですね。