カメラのキタムラスタジオマリオ年賀状

カメラのキタムラの年賀状お役立ち情報ページです。

メニュー
  • 会社概要
  • お問い合わせ
  • ネット会員登録・変更
  • メルマガ登録

覚えておこう!喪中時の年賀状対策

喪中とはどのような時期を指すのか

一般的に二親等以内の親族の人が亡くなった場合は喪中になり、その間の祝い事への参加などは避けることが求められます。

喪中の期間に明確な決まりはありませんが、現在は一周忌を迎えるまでは喪中とすることが浸透しています。
これは、人の死が不吉なものであるという縁起的な考え方から、他者への配慮として伝わってきた風習です。

喪中の時期は個々の考え方によるので、なかには喪中ということを明かさずにいる人も多くいます。
自分自身が問題なければ、その間に結婚式に出るようなことも可能です。
ただし、相手方がそのことを知って不快に思うようなことのないように注意しましょう。こうしたことは年賀状のやり取りにおいても同様です。

喪中の場合、年賀状は出せない

喪中の時期が年賀状に重なれば、やり取りを控えなければなりません。
前述のように一般的には一周忌までの間が喪中なので、結果的に不幸のあった翌年分の年賀状は送らないということになります。

喪に服すということは故人を悼むという期間になります。同時に古くからの考えとして穢れ(けがれ)を伝播させないということがあります。
迷信などが横行していた平安などの時代では、死が忌み嫌われていました。そうした考えの延長線上に年賀状のやり取りを控えるということがあるのです。

年賀状を出さないことの失礼を避けるためには、代わりに喪中のはがきを送ることになります。
これを事前に送ることで、相手方も年賀状の発送を控えることができます。

喪中時に相手から年賀状を受けとった時の対処法

喪中の場合、年賀状は出せませんが、年賀状が送られてきた場合、寒中はがきを出して返礼します。
寒中見舞いを出す際は、松の内と言われる1月7日までは避け、それ以降に送りましょう。

寒中見舞いは2月の4日頃までとされていますので、1月中に送るのがよいです。
その文面では年始の挨拶をする必要はなく、時候の挨拶や様子をうかがう内容にすればいいので、喪中でも問題ありません。

喪中はがきのタイミングがずれたり、リスト漏れが出たりするのはよくあることです。
その後の対処を間違えないようにすることが大切です。