カメラのキタムラスタジオマリオ年賀状

カメラのキタムラの年賀状お役立ち情報ページです。

メニュー
  • 会社概要
  • お問い合わせ
  • ネット会員登録・変更
  • メルマガ登録

年賀状の歴史を知ろう!

平安時代からはじまった、今に至るまでの年賀状の歴史

年賀状の始まりは、平安時代に遡ると言われています。

誰が最初に年賀状を出したのかなどの史料は残っていませんが、7世紀に起こった大化の改新後「飛駅使」という伝令書を届けるための機関が設けられました。
日本で手紙のやり取りがされるようになったのは、これ以降のことであると見られています。

平安時代の貴族・藤原明衡がまとめた手紙の文例集の中には、年始の挨拶の文例がありました。この頃には一部の貴族が年始の挨拶を手紙で行っていたことが判ります。

庶民の間で広まってきたのは江戸時代で、町飛脚などを使って町人などが手紙を出すようになりました。明治時代になって郵便事業の創業や郵便はがきの発行などにより、より広く広まっていったと言われています。

年賀状を送る意義とは

お年賀のイメージ画像

もともと年賀状は年賀のあいさつに行きたいけれど、遠くていけない人に挨拶をする目的で始まったもの、つまりは礼儀です。ただ、現代の年賀状には礼儀以外にも多くの意義が含まれています。

まずは自分の近況や現住所などの連絡です。
普段はなかなか連絡を取らないけれど、年賀状を出すことで自分が今どうしていて、どこに住んでいるということを相手に知らせることが出来ます。それによってまた来年も年賀状を出すべきか、そうでないかなどの判断材料にもなります。

もう1つは昨年お世話になったことへのお礼です。
学生ならまだしも社会人ともなれば、マナーの一環として年賀状を書く方は多いようです。特に年配の方にはメールなどよりも書面の年賀状の方が喜ばれるでしょう。

現在の年賀状文化

現在ではメールで可愛らしいイラストやメッセージが付いたグリーティングカードなどが送れるようになり、ある調査では7割の人がメールでの年賀状に対して肯定的な考えをしているそうです。

若者の間では年賀状離れが顕著になっている一方で、書面での年賀状をもらうと特別な感じを受け、メールよりも繋がりを感じると思う人もいるようです。
また上司などにはメールでの年賀状は失礼とか、メールでの年賀状は正式な年賀として認められる気がしないという意見も多く出ています。年賀状は「形に残る礼儀」として大切にしている人がまだまだたくさんいるといえます。