カメラのキタムラスタジオマリオ年賀状

カメラのキタムラの年賀状お役立ち情報ページです

メニュー
  • 会社概要
  • お問い合わせ
  • ネット会員登録・変更
  • メルマガ登録

年賀状の豆知識

宛先別 ビジネス年賀状を送る場合のマナー

会社の上司に送る際の、ビジネス年賀状マナー

上司に限らず目上の方に送る際に気をつけなくてはならないことは3つ、①出来る限り元旦に着くよう送ること、②表記を縦書きで統一すること、③賀詞の表現です。

賀詞とは「明けましておめでとうございます」、「賀正」、「謹賀新年」など、年賀状の始めに来る言葉のことです。
目上の人に送る場合、「謹んで」や「恭しく」などの謙譲表現を使った賀詞を用いるのがマナーです。
二字の賀詞は敬語を含まないので失礼にあたります。
そのため「謹賀新年」、「恭賀新年」、「謹んで新年のお慶びを申し上げます」などを使いましょう。

逆に「迎春」、「新春」、「賀正」など、謙譲表現の入らない賀詞はこの場合マナー違反です。
また「明けましておめでとうございます」は特に目上目下関係なく、誰に対しても失礼の無い言い回しですので、使用しても問題ありません。

以上は上司に限らず、取引先、士業の方など、目上の方に送る際には共通したマナーですので覚えておきましょう。

取引先に送る際の、ビジネス年賀状マナー

写真つき年賀状

取引先へ送る場合、さきほどのマナーに加え、どのような言葉を添えるかが重要になります。

賀詞に続いて、昨年中のお礼を述べる言葉、先方の発展を願う言葉を添え、最後に、新年もお付き合い頂けるよう挨拶で締める形が一般的です。

以下の文例が、
1.賀詞
2.お礼の言葉
3.発展を願う言葉
4.最後の挨拶
となっていますので、参考にしてみてください。

<文例>
1.謹んで新年のお慶びを申し上げます。
2.旧年中は格別のご愛顧にあずかり厚く御礼申し上げます。
3.貴社のますますのご発展を祈念いたします。
4.本年も一層のご愛顧賜りますようお願い申し上げます。

士業に贈る際の、ビジネス年賀状マナー

最後に、医師や社労士、弁護士など士業をされている方への年賀状マナーです。
この場合一番注意すべきは敬称です。また、取引先宛ての場合と同様に、お礼や挨拶の言葉を添えるのも忘れないようにしましょう。

士業の方の敬称は「様」で統一し、肩書きが必要な場合は名前の前に付けましょう。
例としては「会計士 ○○様」、「外科部長 ○○様」などです。「○○先生」、「会計士 ○○先生」、「○○会計士様」などは不適当ですので気を付けましょう。

営業ツールとして、年賀状を活用しませんか?

ケマらのキタムラでは、さまざまな業種向けのビジネス・営業向け年賀状デザインをご用意しています。
もちろん宛名印刷もできて、最短1時間で仕上げます。

ビジネス・営業向け「よく働く年賀状」
年賀状のデザインを見てみる

ページトップへ