カメラのキタムラスタジオマリオ年賀状

カメラのキタムラの年賀状お役立ち情報ページです。

メニュー
  • 会社概要
  • お問い合わせ
  • ネット会員登録・変更
  • メルマガ登録

年賀状、あなたはどんな言葉で書き出しますか?

年賀状で使える書き出し文

迎春イメージ

年賀状の書き出し賀詞には、「賀正」「新春」「迎春」「謹賀新年」「恭賀新年」などがあります。
これ以外にも、文章で新年を祝う言葉を書き出しにすることができます。
例えば、「明けましておめでとうございます」や「謹んで新年のお慶びを申しあげます」などといった表現を用いることができます。

このうち最も多く使われているのは、「明けましておめでとうございます」「謹賀新年」「賀正」といった書き出しです。
ただし、送る相手や書く人の性別によって、使える書き出しが決まっていますので注意が必要です。

書き出しに関してのマナー

一般に二字や四字の賀詞は男性が使うものとされています。
ですから、「謹賀新年」や「賀正」といった書き出しは、女性は使わない方がよいでしょう。
「明けましておめでとうございます」や「謹んで初春のお慶びを申し上げます」といった、文章形式の書き出しを使った方が女性にふさわしいと言えます。

一家の代表者として、世帯主(男性)のみの名前で出す場合はどの書き出しでも問題ありませんが、世帯連名で出す場合には女性や子供も含まれていますので、二字の賀詞は使わない方が良いでしょう。

もし歳の暮れに結婚した人なら、結婚報告と兼用して年賀状を出すこともできます。
その場合は、新年のあいさつと結婚報告を書き出しに含めることができます。
例えば、「A Happy New Year! 私たち○月○日に結婚しました。」などです。

もちろんこれは親しい間柄の書き出しですので、上司や目上の人に書く場合にはさらに丁寧な書き出しに変えて書くとよいでしょう。

ビジネスで使う書き出し文

ビジネスで使う場合は、「謹んで」「恭しく」の文字が入った賀詞を用いるのがふさわしいでしょう。
二字の賀詞は敬語を含まないので失礼にあたります。

「謹賀新年」や「恭賀新年」、もしくは「謹んで新年のお慶びを申し上げます。」
などといった書き出しを用いましょう。

それに続けて、「旧年中は格別のご厚情を賜り、誠にありがとうございました。」「本年も昨年同様、ご指導ご鞭撻の程よろしくお願い申し上げます。」などと書くことができます。

相手への感謝や、相手の幸福を祈願するような内容を述べてから、今後の取り引き等に関するお願いを付け加えるといいでしょう。