カメラのキタムラスタジオマリオ年賀状

メニュー
  • 会社概要
  • お問い合わせ
  • ネット会員登録・変更
  • メルマガ登録

ビジネス年賀状の豆知識

知っておくと安心!年賀状のNG

挨拶の重複

「新年明けましておめでとうございます」⇒「新年」と「明けまして」が重複。
「謹んで初春のお慶びを申し上げます」⇒「賀正」や「寿」の賀詞と組み合わせると賀詞の重複となるので注意。
「A Happy New Year」⇒英語の賀詞として使う場合、冠詞の「A」は不要。
「一月一日元旦」⇒「元旦」とは元日(一月一日)の朝を指す言葉のため重複。

忌(い)み言葉は使わない

不快に感じるフレーズはできるだけ書かないようにします。
「去る」「失う」「滅びる」「絶望」など忌み言葉は避けましょう。
「去年」は「昨年」「旧年」とします。

手書きで間違えた場合は書き直す

「少しの間違いなら・・・」、と修正テープや修正液・取り消し線等で書きなおしたものを送ることは失礼にあたりますので、新しい年賀状で書き直しましょう。
年賀状に限らず、挨拶状・お詫び状・冠婚葬祭にかかわるものは同様に当てはまります。

知らない間に著作権を侵害?

あるキャラクターの写真を合成して年賀状に使う場合、その著作権者の了解が必要となります。

これは年賀状で同じ画像を複数の人に送ることは、著作物を配布する行為であり、私的な使用とみなされない為です。 更に、もしそのキャラクターの画像を少し変えたり、他の写真と合成したりすると、著作権の侵害にあたる可能性があります。これはキャラクターの画像だけではなく、芸能人の写真などについても当てはまります。

これらの画像を使用する際には、著作権者を調べて了解を得るようにしましょう。 カメラのキタムラではディズニーやハローキティなどのキャラクターと、自分のお気に入りの写真を組み合わせた年賀状を簡単に作ることができます。


ビジネス年賀状トップページに戻る

ページトップへ