カメラのキタムラスタジオマリオ年賀状

メニュー
  • 会社概要
  • お問い合わせ
  • ネット会員登録・変更
  • メルマガ登録

ビジネス年賀状で抑えておきたいポイント

出来る限り元旦に着くように送る

年賀はがきの引受スタート日や、元旦到着の投函締め切り日については、郵便局HPや郵便局等で事前に確認しておきましょう。余裕をもって年賀状の作成準備を始めると慌てることもありませんね。

表記は縦書きで統一

年賀状の宛名は、縦書き横書きでもどちらでも良いとされていますが、一般的には目上の人に出す場合横書きはマナー違反とされています。
ビジネスで付き合いのある上司や取引先の方には縦書きで宛名を書きましょう。また、しきたりを重んじる方や年配の方も縦書きが無難です。

裏面本文が横書きの場合は、宛名も横書きに揃えるのもマナーのひとつ。
表裏がきちんと統一されているか注意しましょう。
また番地などの数字は、縦書きの場合は漢数字(「一」「五」など)を使いましょう。

賀詞の使い分け


迎春イメージ 賀詞とは「明けましておめでとうございます」、「賀正」、「謹賀新年」など、年賀状の始めに記載する新年を祝う言葉のことです。 目上の人に送る場合、「謹んで」や「恭しく」などの謙譲表現を使った賀詞を用いるのがマナーです。

「迎春」、「新春」、「賀正」、「賀春」など、2文字で略された賀詞は敬意を含まないことになり、ビジネス年賀状には不向きな表現です。

そのため「謹賀新年」、「恭賀新年」、「謹んで新年のお慶びを申し上げます」などを使いましょう。また「明けましておめでとうございます」「新年おめでとうございます」は特に目上目下関係なく、誰に対しても失礼の無い言い回しですので、使用しても問題ありません。

敬称の使い分け

・取引先会社宛て、部署宛てのみの場合
  「様」ではなく「御中」を付けます。
 【例】「有限会社□□ 御中」「□□株式会社 △△部 御中」

・社名や部署名と相手の名前を併記する場合
  名前や部署名には敬称は付けず、個人名の下に「様」を付けます。
 【例】「□□株式会社 △△部 ○○○○様」

・役職を添える場合
  役職は氏名の上に書きます。役職や敬称に「様」は付けません。
 【例】「代表取締役社長 ○○○○様」、「△△部長 ○○○○様」
 【NG】「○○○○社長様」、「○○○○ △△部長様」

・士業(医師や社労士、弁護士など)の方宛ての場合
 「様」で統一し、肩書きが必要な場合は名前の前に付けましょう。
 【例】「会計士 ○○○○様」、「外科部長 ○○○○様」
 【NG】「○○○○先生」、「会計士 ○○○○先生」、「○○○○会計士様」

・社名の略称も注意
 社名も(株)や(財)などと略さずに、「株式会社」「財団法人」などとするのがマナーです。


ビジネス年賀状トップページに戻る

ページトップへ

ページトップへ