カメラのキタムラスタジオマリオ年賀状

メニュー
  • 会社概要
  • お問い合わせ
  • ネット会員登録・変更
  • メルマガ登録

相手別 作成時の心得

取引先に送る際の年賀状

取引先会社宛て、部署宛てのみの場合は「様」ではなく「御中」を付けましょう。
社名も「(株)」などと略さずに、「株式会社」とするのがマナーです。社名や部署名と相手の名前を併記する際は、社名や部署名には敬称は付けず、個人名の下に「様」を付けます。

取引先へ送る場合、ビジネス年賀状のマナーに加え、どのような言葉を添えるかが重要になります。
賀詞に続いて、昨年中のお礼を述べる言葉、先方の発展を願う言葉を添え、最後に、新年もお付き合い頂けるよう挨拶で締める形が一般的です。

1.賀詞

2.お礼の言葉

3.発展を願う言葉

4.最後の挨拶

上司に送る際の年賀状

会社の上司など、目上の人に送る年賀状は、失礼のないように敬語や謙譲語の使い方に間違いがないかチェックしましょう。

上司の住所を知らない場合は、人伝えではなく、年賀状を送るための了承を得た上で直接本人から教えてもらうのがマナーです。自宅宛に送る場合の宛名は、役職は不要で敬称は「様」を使います。

1.賀詞

2.昨年のお礼の言葉

3.今年の抱負とお付き合いのお願い

4.最後の挨拶

また、自筆でのコメントを書くようにしましょう。
日頃の感謝や一緒に関わった仕事の話題、今後の目標・抱負などを交えて自分の言葉で書くと、アピールに繋がり、心に残る年賀状に仕上がるのではないでしょうか。

士業に送る際の年賀状

医師や社労士、弁護士など士業をされている方への年賀状マナーで一番注意すべきは敬称です。また、取引先宛ての場合と同様に、お礼や挨拶の言葉を添えるのも忘れないようにしましょう。

士業の方の敬称は「様」で統一し、肩書きが必要な場合は名前の前に付けましょう。 例としては「会計士 ○○様」、「外科部長 ○○様」などです。「○○先生」、「会計士 ○○先生」、「○○会計士様」などは不適当ですので気を付けましょう。


ビジネス年賀状トップページに戻る

ページトップへ

ページトップへ