カメラのキタムラスタジオマリオ年賀状

メニュー
  • 会社概要
  • お問い合わせ
  • ネット会員登録・変更
  • メルマガ登録

宛名・表書きの書き方

年賀状での宛名の書き方

年賀状の表書きは、漢字や敬称などに間違いが無いようにすることと、全体の文字のバランスが大切です。
氏名 > 会社名 >住所 を念頭に、書き始めも、葉書全体の半分より少し上あたりからになるようバランスを整えましょう。

年賀状の宛名
・住所
住所は宛名の「様」よりも下位置にならないようにします。
都道府県からきちんと書き出します。文字の大きさは宛名よりも小さくし、宛名よりも高い位置からスタートするようにします。住所を改行した場合は一文字以上スペースをあけて書き出します。
番地は漢数字で書き、11であれば「一一」よりは「十一」などとした方がわかりやすいでしょう。

また、ビル名・マンション名の前では改行しましょう。
改行後一文字下げて始めるか、住所表記と下揃えにすると、全体の見た目としてバランスがとれます。

・社名や団体、店舗名
社名の前に「株式会社」が付く場合は社名よりやや小さめに書きます。

・宛名
宛名が、はがきの中央になるようにします。
役職は氏名の上にまとめます。役職が4文字以上になるような場合(代表取締役社長など)は2行に分けても差し支えないでしょう。
宛名の漢字は、旧字体や旧かなづかいの苗字の表記間違いに気を付けましょう。文字間をバランスよく空け、一番に目に入るよう住所や差出人名よりも大きな字にすることが大切です。

連名を使用する際に注意すること

社名や部署名と相手の名前を併記する際は、社名や部署名には敬称は付けず、個人名の下に「様」を付けます。
会社宛て、部署宛てのみの場合は「様」ではなく「御中」を付けましょう。
社名も「(株)」と略せずに、「株式会社」とするのがマナーです。


ビジネス年賀状トップページに戻る

ページトップへ

ページトップへ