カメラのキタムラスタジオマリオ年賀状

メニュー
  • 会社概要
  • お問い合わせ
  • ネット会員登録・変更
  • メルマガ登録

宛名同時印刷データの作り方

他社の年賀状ソフトの宛名データからつくる(筆まめの場合)

下記は一例となり、全てのバージョンに対して必ず同様の手順となるものではございません。
説明通りに操作しても上手く行かない場合は、各ソフトウェアの製造元にお問い合わせください。

1. 筆まめで住所ファイルを開いて、編集画面の【ファイル】 - 【他の住所形式で保存】 を選択します

2. 次に、変換する形式を選択します。ここで、「区切り文字形式ファイル(*CSV,*txt)を選択します。名前をつけて保存します

3. パラメータをセットする画面が表示されますが、そのまま「次へ」をクリックします

4. 項目を割り付ける画面になります。割付項目に間違いないか確認し、「次に」をクリックします

5. 保存の準備ができましたので、対象を確認して「開始」をクリックします

6. これで、「他住所録形式での保存」が完了します

7. 書き出したCSVファイルと、宛名データ用のCSVファイルを開いて、項目に合わせてコピーします

下記ページより手順をご確認のうえ、宛名データを作成ください

宛名CSVファイルはどのように作成したら良いですか?

※姓名が同じセル(列)だった場合には、下図のように姓と名を別のセルに分けてコピーしてください。

8. 最後に登録情報を確認して、完了です。宛名注文画面でCSVデータを取り込みします。

※注文画面でも、宛名の編集は可能です。